劉セイラの少年漫画的日々

中国語と日本語の2カ国語声優、劉セイラのブログ。
エッセイ漫画4月13日から「ふんわりジャンプ」にて連載開始!
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - | ↑TOP
    HAPPY NEW YEAR!
    0
      明けましておめでとうございます??
      年に二回ほどしか更新しないこのブログ、さて2016年は何回書くかな?( ´ ▽ ` )ノ
      まさかこれで終わりってことないよね。アハハ( ´ ▽ ` )…



      さて、年末年始は初ヨーロッパだった!
      上の写真はミュンヘンの駅にて。
      全体はこう。



      2015年の最後はドイツとオーストリア、2016年はフランス、パリで迎えた。


      最初にミュンヘンについたのは18時頃だが、周りはすでに暗くて、ハガレンの劇場版シャンバラを思い出さずにはいられなかった。
      いいね、この重っくるしい感じ…背負ってやるじゃないか!

      と、違うシーンのセリフを思い出した
      (あーあの表情、あのアングル…??いつでも目に浮かぶよ(;_;)


      博物館の展望台でみかけた謎のタワーも、メリッサのあのぐるぐる回る一連を思い出させてしまった。

      ?傍らの鳥が羽ばたいた〜

      ♪どこか、
      光を〜見つけ、られた〜のかな?


      念願のビアガーデン!


      定番のここも!


      before



      after



      ミュンヘンを離れる朝、道にお酒のビンがあちこち転がっていた。
      ドイツらしいなと思ってパシャリ。



      そしてフランスについたら…




      フランスパンが転がっていたよ????

      ((((;゚Д゚)))))))??



      あ。今年もどうぞよろしくお願いします。





      ではまた!





      | 日常 | 14:39 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
      たてかべさん
      0


        たてかべさんのことを、親しい方々はかべさんと呼んでいます。
        私はそういう風に呼んでいいのかどうかずっと分からなくて、最後まで「たてかべさん」と呼ばせていただきました。

        最初の出会いは不思議でした。

        まだ東京の専門学校に通っていた頃、日本語をはやく上達させたいと、声ブログをやっていました。

        日本語で声日記を録って、できるだけ毎日更新していました。

        聞いて下さってた方々から、励ましのメールを頂いたり、間違った発音を指摘して頂いたり、色んな感想を頂きました。

        ある日、とあるリスナーさん(Sさんとしましょう)から、「紹介したい人がいます」というメールを頂きました。

        その紹介したい人がたてかべ和也さんでした。

        調べてたらびっくり!
        私は中国でドラえもんを観ていたので、皆さんと同じように「あの声だ!」とはなれなかったが、それでも、なんでこんなすごい方を私に紹介してくださるんだろうと、不思議に思っていました。

        そのリスナーさんとお会いしたことも、そこまでお話したこともありませんでした。

        一応返信させていただいて、お会いする時間は昼間、待ち合わせ場所は銀座の三越前でした。

        昼間の銀座だし…と半信半疑ながら、友人に行き先を伝えたりして、でも会いにいきました。

        そしたら本当にたてかべさんがいらっしゃいました。

        そしてたてかべさんの隣に、矢口アサミさんがいらっしゃいました。

        「こんにちは…」
        「あ、あなたが劉ちゃんね」

        帽子をかぶられていて、笑顔の暖かい、優しそうなおじいさんでした。

        Sさん含め、四人で銀座の喫茶店に入りました。

        Sさんとも初対面で、何をどう話したらいいか分からない私に代わって、なんと私のブログや色んな資料をプリントアウトして持ってきて下さって、たてかべさんと矢口さんに紹介してくださいました。

        「会えて嬉しいよ」とたてかべさんが微笑む。

        当時の私は、ただ声優になりたいという思いが強くて、実際どうすればなれるのか、外国人はなれるのか、まったく分からなかったです。(当時はすでに朴さんは日本生まれ日本育ちだと知りました。)
        その思いは伝えられたのかなと思います。

        それ以外、何を話してたんだろう。
        今必死に思い出そうとしても、四人の座り位置と、断片的な会話しか思い出せない。


        その後、たてかべさんから何度もお声をかけていただきました。

        飲み会でたくさんの方を紹介してくださったり、色んなイベントや場所に連れて行ってくださったり、たくさんご馳走してくださいました。

        日本式の飲み会には、最初なかなか慣れませんでした。
        後輩の方々がお皿を替えたり、料理を分けたり、先輩のコップが空きそうだったら、お代わりを呼んだりして色々と忙しい。

        私は分からなくて、何度か真似しようとしても、タイミングが分からなかったり、言葉にできなかったりしていました。
        先輩がおごるという文化も中国とは少し違うので、毎回毎回お金も払わないで気配りもできなくて、ただお話を聞いて食べるだけ、申し訳ない気持ちがどんどんどんどん強くなりました。

        ほかの方々はみんな声優さんや業界の大先輩。
        私は一年後日本に残れるかどうかも分からない、ただの学生。
        こんな私がここにいていいのかと、不安で申し訳なかったです。

        ある時、必死に皆さんのコップをにらんでいる私に、たてかべさんが
        「劉ちゃんはそんなことしなくていいから、俺の話をまじめに聞いてくれただろう、それでいいんだよ」
        と言って下さいました。
        「でも皆さんがコップを替えたり…」

        「日本人になろうとするな」

        と言って下さいました。

        当時の私は、その言葉の真意が分かりませんでした。

        日本人にはなれません。そんなこと分かっています。

        日本人じゃないから日本語が不自由で、なのに声優を夢見るという自分の馬鹿さ加減に、いよいよ気づくようになりました。
        日本人にはなれないから、声優にはやっぱりなれないかなと、憧れだけで日本に来た私は、少しずつ現実を知ってしまいました。

        視野が狭くなって、どんどん萎縮していた私に、その言葉に秘めた優しさを理解できるようになるまで、時間がかかりました。


        どうして私にこんなに優しくしてくださるのですか。

        ただ珍しいからかなと、ネガティブに考えたこともありました。

        ある日ついに勇気を出して聞いてみました。

        そしたらたてかべさんも、矢口さんも同じことを言って下さいました。

        中国から来たとか、留学生だからとか関係ない。
        劉ちゃんは劉ちゃんだから、私たちは「劉ちゃん」が好きだから。

        何人でも関係ない。

        そのお言葉で、私は私のままでいられました。

        何人とかじゃない、ただの「私」で、頑張れました。



        たくさんの出会い、たくさんのご縁で、私は今、日本で声優になれました。


        「劉ちゃんには、自由になってほしい」


        たてかべさんのお教え、素敵な笑顔、いつまでも私の心の中にあります。



        たくさんの愛を、本当にありがとうございました。

        お疲れ様でした。

        大好きです。



        さようなら。たてかべさん。





        | 日常 | 21:54 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
        春節晩会
        0
          今日は初三。
          中国ではまだまだ爆竹があちこち盛り上がっているはずです。私の心もまだお休み気分でございます。

          そこで、久しぶりに映画を見よう!と思って、公開初日の「マイティ・ソー ダーク・ワールド 」を観に行きました!
          いや…かっこいいよね。ロキさんが途中で○○に変身した所とか、サービスカットもいっぱいで、面白かったと思います。
          私が見に行った映画館にソーさんの等身大フィギュア(…)があって、せっかくなので写真を撮ってみた!

          ちょうど水色のコートを着てたので、髪型をオールバックにしてみた!


          ソーさんのハンマーは今でも振り下ろされそうな予感がするな。
          ヒヤヒヤの一枚でした。

          そしてソーさんのみの写真。


          ロキさんの目に帯が…わざとじゃない。


          そして今日、相原茂先生主催の春節晩会に行ってきました。

          古澤聡さんのギター伴奏で、残酷な天使のテーゼを歌いました。
          場違いの選曲にも関わらず、皆さんがすごく盛り上げて下さいました。
          本当にありがとうございます。


          やっぱり生の音と合わせて歌う方が気持ちいいですね。
          バンドやりたいな…歌いたいな…とまた色々思ってしまった。
          欲がたくさん。
          それも悪くない。
          今年は一つ一つ実現して行きたいと思います。

          古澤さん、短い時間の中本当にありがとうございました!



          そしてなんと段文凝ちゃんもいらっしゃったので、
          二人で「テレビで中国語」の「発音向上委員会・段」コーナーを再現!


          発音向上の名のもとに
          正した発音数知れず
          東へ西へ町から町へ
          今日もさすらう旅ガラス
          その娘、人呼んで−ー
          発音向上委員会・段!
          毎週火曜日夜22:00〜Eテレにて放送中。(=´∀`)人(´∀`=)

          私の表情はもう不良を飛び越えて、邪悪の何かになってしまった気がする…
          だが気にしない!

          我が道を進むぞ??

          そんなわけで、また来年の春節晩会まで!再?!

          | 出演・掲載・イベント | 23:13 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
          旧正月に餃子はいかが???
          0
            今日は中国の旧正月!
            そういえば前回のブログも旧正月に書いたものだったっけ
            時の流れって早いよね…というか丸一年更新してなかったんだね(^ー゜)てへぺろ



            m(_ _)m



            さあ!今年からは更新するぞ!

            みなさんあけましておめでとうございます!


            さて、今日は午年の始めての日。ゲン担ぎに新しいことをチャレンジしてみようと、
            餃子を皮から作ってみた!


            まずは三日前に麺棒を購入。
            気分はまるで奇行種です!ヒーハー??(≧∇≦)


            そしていよいよ作るぞ〜

            まずは面を…薄力粉とぬるま湯をボウルに入れて、指で術式を書いて…錬成!


            ほら、簡単でしょ?(・▽・)

            そしてラップして少し置きます。
            その間に餃子の具を作ります。

            ネギ、生姜、白菜を…
            ペルソナ!
            木っ端微塵切り??



            ふぅ…
            あ、しまった、白菜を入れ過ぎた。
            ´д` ;

            でもまだあわてるような時間じゃない…(by仙道さん

            白菜を半分出して、残った半分に塩を入れて、少し置いたら絞って水分を減らします。

            そして醤油、塩、卵を投入、豚挽き肉もがーと入れて、まぜまぜの巻!



            まあ、悪くない。

            さて、寝かせた面もそろそろ大丈夫かな?

            と、ここで気づいたのは、私は麺棒だけ買って、専用の木製の板を買うのを忘れた!


            くっ…私としたことが…

            そこで、さっきまで黙ってネギや白菜を乗せていたまな板くんが

            「あいつの代わりにはなれないけど…
            ここは俺に任せろ」


            とかっこ良く声をかけてもらった気がする!

            CVは…そう…


            私がやろう。(…。


            とりあえず今日一番のミッションが来た!
            さあ!皮を作るのだ!




            まずはリングを…

            はぁ!




            ご覧ください!このネックレスを…!(テレ○東京伝説

            それをちぎって、一つ一つの玉にしてから麺棒で伸ばして…



            うっかり芸術作品を作ってしまったぜ。

            命名:
            現代アート作品
            「円への憧れ」
            ?代??作品
            《??的憧憬》
            2014.1.31 Liu Jingluo,China



            そして撮影作品も。

            「駅のホームにて」
            郷愁シリーズ 第002号作品

            ?白?影
            《在站台》
            ?愁系列。第2号作品
            2014.1.31 Liu Jingluo,China



            と、散々遊んだけど、茹でて食べたら史上最高の味でした!(本人比)



            というわけで、最後まで付き合って下さってありがとうございました!

            午年最初のチャレンジ、大成功でした(≧∇≦)

            皆様新年快楽!*\(^o^)/*

            今年もよろしくお願いします!





            | 民以食為天(食べ物の話) | 20:23 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
            あけおめ!春節の料理タベタ?
            0


              …「タベタ」って、なんかツンデレか何かの顔文字みたいですね。

              あ、ども!旧正月で気分上々な劉セイラです。

              ブログ見てますよーといわれる度に、
              「やばい、前回の更新はいつだっけ…」と冷や汗をかいてしまいます。

              さて、知ってる方も多いと思いますが、
              昨日2月10日が、中国の春節(旧正月の元日)でした。

              ご縁があって色んな方とお会いできました。

              そんな話はまた今度の機会にして、
              せっかくなので、春節について色々紹介したいと思います。

              まずは大晦日(2月9日)の夜に、
              習慣としては家族と一緒にご飯を食べて、春節晩会という日本で言うと紅白みたいな番組を見ます。
              北方地方では年越しのときに、水餃子を食べますが、
              南ではお団子やお餅、ワンタンなどを食べて、地域によって、過ごし方もそれぞれです。

              さてさて、私の話に戻りますと、
              大晦日の夜、一人で部屋にいて、テレビなどをつけてにぎやかな雰囲気を引き出そうとしたら、かえって寂しくて、日本に来てからほぼ初めてホームシックになってしまいました。
              そこで、同じく中国に帰れなかったアニメ製作の友人のお宅に邪魔して、何人かで一緒に年越しを過ごしました。
              <前回までのあらすじ>

              それでははじまるよ!大晦日でタベタ御目出度い料理!

              OPカットでお送りします。

              一見素朴のように見えるかもしれませんが(たしかに素朴でしたが…)
              一つ一つめでたい意味がある料理です。
              それでは、上から見ていきましょー♪

              1.「平平安安」
              お豆腐と青梗菜は色から「一清(青)二白」という言葉にかけて、
              大きなトラブルやよくない事は何もない、文字通り安全で平和で穏やかな生活が送れますようにの意味です。
              緑野菜がひとつとお豆腐の組み合わせなら、おめでたい料理を出す時にこの名前で呼ぶことができます。
              たとえばねぎとお豆腐の挽きものとか。

              2.「恭喜发财」
              もやしは南のほうでは「发财菜」と呼ばれています。
              豆からもやしが芽生えるという「芽生える」の動詞を「」芽という。
              そしてお金が増えることも「」財 というところから、もやしはめでたい意味を持ちました。

              3.「甜甜蜜蜜」
              Oh~My honey! My sweet! My candy~~!という意味のスイートスイートです。
              中身は骨付き肉の蜂蜜煮込みでした。
              基本的に蜂蜜や砂糖を多めに使って、甘い料理なら、めでたい席の場合この名前で呼ぶことはできるんじゃないかなと思います。
              特に結婚式ではぜったい出る料理の一つです。
              が、残念ながらその場にいたのは独身女4人でした。(タベタ)
              あ、上記のように英語圏の人じゃないのにわざわざ英語でいちゃいちゃするリア充がいたら、近くで爆竹を鳴らそう。

              4.「金玉满堂」
              さあ来ました。
              これね…紹介する時にああ日本語を知らなかったらよかったなと思うんですね。
              えー、ここから中国語発音でお送りします。
              金玉は中国語では「金元宝」という昔のお金と「玉石」という高級な宝石をさすことばです。
              その金玉が部屋の中に充満しているという光景(…)を表して、
              財宝がたくさん、裕福の生活という意味の料理です。
              これも色からコーンは金で、豆は玉ですね。
              その赤いニンジンは?といわれると…お察しの通り、これは業務用のパックのあれで…
              貧乏な私たちには…それが…精一杯…
              そういえば何でお金に関する料理が二皿もあるんだ?と疑問を持ってる方もいらっしゃるかもしれませんが、心優しい貴方ならきっとわかりますよね…

              5.「年年有余」
              いよいよ最後、「毎年余裕がある」という意味の言葉です。
              昔食料が少なかった時代に、一年中ちゃんとご飯が食べられて、その上、来年までちょっと残りがあるぐらいが幸せの基準でした。
              「余」と「魚」の発音が同じっていうところから、魚料理はこういう風に呼ばれます。
              ちなみに魚から作る料理ではなく、一匹丸々の魚料理が好ましいです。
              特に大晦日にはからなず備えてほしい一品です。
              「めでタイ」のタイじゃなくても大丈夫です。

              あとは…
              特に意味がありません!
              キュウリはもともと料理長が蛇の形を彫りたかったが失敗したので、ただのきゅうり(蛇の残骸)になりました。

              そして南方出身の人3人対北京の私なので…
              餃子はそれほど重要ではなかったようです。
              市販のでした…そして火鍋に入れました…
              大晦日の夜に火鍋にいれる餃子を食べたのが初めてでした…TVT

              そして御目出度い料理はあくまでも御目出度いの意味で…
              メインディッシュは火鍋でした!
              お肉お肉お肉じゃがいもお肉!
              わしは幸せでしたよ…!!TVT


              以上!
              今年の大晦日に食べた料理でした!
              皆さんのご感想とツッコミを御待ちしております!

              JUGEMテーマ:中国料理
              | 民以食為天(食べ物の話) | 12:50 | comments(7) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
              衝撃の事実…!
              0
                私たちは自分について、よく知らない。
                だからこそ知りたい、その真実を探究したい。
                その好奇心が原動力で、人類は数多なる発見をし、科学が常に進歩し続けた。
                しかし、時には知らない方がよかったこともあるという。
                彼女は、そんな真実を知ってしまった。

                これからする話は、ある少女が自分の信じてきたことに裏切られ、戸惑い、苦悩し、最後は新たな自分を受け入れる物語です。
                決して長くはない話なので、最後まで見守ってあげましょう。

                では始まります。


                …………………………


                物心がついた時から


                私はO型だと教えられ、

                自分のことを間違いなくO型人間だと信じていた。

                初めて留学する前に検査してもらってA型という結果が出たが、私は動揺せずに、絶対この結果が間違っているだと思っていました。


                だって(その検査すごく適当だったもん)、私の性格から見ると、どうみてもO型だろう!と思っていたからです。

                しかし、
                今回北京で健康診断をしたら、
                血液サンプルを五本も採取され、
                もう疑いようがない、

                私はA型だということが判明した。


                おしまい。


                …………………



                あああああー

                26年O型の誇り(を言い訳に)を持って、私は細けぇことはいいんだよ主義を貫いて、片付けることから戦略的に転移(逃げ)してきたのに、
                これからはどうすればいいの((((;゚Д゚)))))))


                誰か教えてー;_;


                | 日常 | 12:13 | comments(9) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                広州で年越しイベント
                0
                  あけましておめでとうございます!
                  広州で新年を迎えました、劉セイラです。

                  昨年は色々ありがとうございました!
                  今年は昨年ができなかったぶん、やりたいことをどんどんチャレンジして行きたいと思います!

                  さて、なんで広州で新年かというと、広州ACGというイベントでトークショー(と、ミニライブ?)をやりましたー!

                  こんな感じのステージです。


                  今までは声優イベントでは司会を務めることがほとんどだったが、自分がゲストになるのは初めてで、新鮮だった。

                  今回司会を務めてくれた陸さん、気さくな人柄とユーモアあるトークで場を盛り上げてくれた。
                  おかげで私もリラックスして楽しく話せた。
                  そして改めてたくさん勉強できた。(^^)


                  さて、イベントでどんなことをやったかというと、日本と中国の声優業界のシステムや現場の雰囲気の違いを紹介したり、歌ったり、笑ったり…



                  ええと、陸さんのリクエストに応えて、アドリブで「笑い」を演じてた。

                  あ、今ちょっと笑った?
                  この写真につれられて笑ったなら、こんな写真をあげた甲斐があった。(^^)


                  私の出演するトークショーは12月31日と1月1日、二回あって、文字通りの年越しイベントとなった。

                  ラストステージが終わって、すぐステージ隣にあるブースにある広州のラジオ番組に生放送で出演した。
                  それも終わり会場から出ようとした時、暖かいファンの方々に迎えられた。


                  中には八年前から応援していたという人もいる。
                  みんなの夢を叶えてくれてありがとうという人もいた。

                  自分はまだ何も出来てないのに…と言おうとしたが、その瞬間、初めて「違う!」と思った。
                  確かに実績はまだまだだけど、こんなにもたくさんの方々に見守ってもらっているから、どんなに小さな一歩でも、もう私だけのものではない。
                  みんなが私の後ろで背中を押してくれて、私の隣にいて肩を叩いてくれて、私の前にいて、私にゆく方向に希望の灯を照らしてくれている。
                  だからもう一人じゃない!

                  みんなと出会えて本当によかった!

                  とたくさんの感情を味わえた大晦日と元日でした。

                  2013年は初心に戻って、自分に誠実に毎日を楽しんでいきたいと思います。

                  今年もどうぞよろしくお願いします!


                  | 出演・掲載・イベント | 20:41 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                  水曜放送のNHKラジオ番組に劉セイラ特集!
                  0
                    まずはツイッター、ブログにたくさんのお誕生日お祝いメッセージありがとうございました!
                    17歳と120ヶ月になりました!!あはは。
                    そして中国の漫画家さんZCloud先生からお祝いのイラストを頂きました。


                    まさにこのブログのタイトル、いや、わたしの暴走そのままの感じを描いてくれました。
                    吹き出しには「うおおおおお!少年漫画のような人生えええええ!」といっています。
                    下のピンクの文字は「kkryu誕生おめ!」です

                    さて、ここからは個人のお勧めで、
                    ZCloud先生の作品「拝見女皇陛下」(香港で単行本発売中)とても面白いですよ!
                    タイトルから宮廷漫画って思われるかもしれませんが、実はとんでもない学園青春漫画です。
                    主人公の小華(小学校5年生)の名台詞が
                    「委員長じゃない、女皇と呼びなさい!」
                    クラスの女の子を妃と呼んで愛でたり()、主人公の弱気の男の子を奮い立たせたり、
                    ほのぼのの日常よりはわりと熱血の少年漫画の感じです。
                    時代は今から十何年前で、その時小学生だった私から見ると、リアルな部分がかなりあります。子供の世界の戦い、友情を描いてました。
                    中国の小学校はどんな雰囲気なのか、興味のある方は呼んでみてもよくてよ!(誰)
                    こちらで公式連載されていますので、ここでご覧になれます。


                    はっ、今日の記事の趣旨を忘れるところだったぁ!
                    セーちゃんったら、17歳と120ヶ月にもなったのに〜テヘペロ☆(もうやめよう

                    さて、今週の水曜日日本時間18:00〜NHK WORLDのラジオ番組「当代視点」に、
                    私、劉セイラを紹介して下さった特集が放送されます。
                    日本語の番組なので【訂正:日本語でインタビューを受けましたが、中国語のボイスオーバー?で放送されるらしいです】、よかったら是非聞いてください。
                    誰もが知っているあの声優の大先輩のインタビューもあるそうです!
                    贅沢すぎます。

                    私がどうして声優を目指しはじめたのか、
                    日本に来て思ったこと、迷いや感動したこと、
                    インターネットでつながっている皆さんへの思い、
                    などなどが詰まっている番組なので、
                    特に昔からずっと応援してきてくれた皆様にぜひ聞いて頂きたい番組です。
                    懐かしい音源も…うう…T^T


                    放送後はこちらでデータが公開されます。
                    下のこの番組を探して、後ろにある「立即収聴」ボタンで聞けます。(放送前はボタンはありません)
                    11月28日
                    (星期三)
                    《当代视点》决不放弃梦想-中国人配音演员 刘Seira

                    放送中はラジオやNHKラジオのアプリなどでも聞けます。
                    28日水曜日、日本時間18:00〜の「NHK第二」での放送です。
                    日本国内は地域によって周波数が違いますので、
                    それぞれの地域での放送周波数はこちらでご覧ください。


                    では!


                    | 出演・掲載・イベント | 09:46 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                    今年もこの日がやってきた
                    0
                      どうも!ハッピーラッキー27になりました、劉セイラです!

                      だんだんロイマスタングさんが中佐になる年に近づいてきてまいりました。あーあ。

                      2と5が自分のラッキーナンバーだったので、実は26の誕生日の前に、25から離れるのが悲しくてこっそり泣いてしまいました。

                      昨年の誕生日はたしか舞台の稽古中でした。
                      皆さんのサプライズに泣かされた記憶があります。

                      そして今年もまた、この日がやってきました。
                      先ほど今野宏美さんが出演される舞台「苦情★真に受けTV」を観に行って、暗闇の中でまた泣いてしまいました。
                      本当にすごく素敵な舞台だと思います。物語の主人公と同じ、スタッフの皆さんも新しいメディアに向けてどんどん挑戦をされているのを感じました。
                      この一年間、自分の作った柵にかなり囚われていた私にとって、共感できたことがたくさんありました。
                      その柵をようやく壊れそうな気もしてきました。
                      明日が千秋楽なので、興味のある方は
                      是非。
                      http://ameblo.jp/kikaku-kaigi
                      あとDVDも発売決定となりましたので、気になる方はチェックチェックを!


                      …と、なぜか宣伝をしてしまいました。

                      この一年、迷いや戸惑いがたくさんありましたが、きっとそういう経験も全て、やがて成長の糧になると思います。


                      小学生のような発想ですが、27は 2と5+2だから、きっと27歳のこの一年には、素敵なことがたくさん待っていると思います。

                      私もそろそろ鎖を外し、歩き出せる気がします。

                      飛べ!ガンダム!
                      飛び出せ!どうぶつの森!

                      しっかり歩けよ?27歳の私。

                      (27 @w@)\(^-^ 26)


                      | - | 00:19 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
                      【出演情報】CØDE:BREAKER
                      0
                        ギリギリでお知らせです。
                        今晩22:30〜TOKYO MXにて
                        CODE:BREAKER」 の第5話に異能の少年役を演じさせていただきました。

                        収録の時間順からいえば、こちらが私の日本TVアニメデビューです。

                        初めての役が少年役で、しかもラストのセリフが「兄さ…ん…」というのは、本当に感慨深いです。(^_^)

                        素敵な作品にかかわらせて頂けて、本当にとても幸せです!
                        よかったら是非観ていて下さい!


                        それから放送時間順では「絶園のテンペスト」の第1話にて、TVアナウンサーという役を演じらせて頂きました。

                        正しい日本語が求められる役で、かなり緊張しましたが、そこを乗り越えなければ、私の夢は始まらないと思って、色んな方に助けていただきながら、なんとかやり遂げました。


                        ふと考えてみたら、アニメ声優を夢見て、日本語を勉強し始めて7年目、ようやくスタートラインにたどり着いた。
                        とは言っても、まだまだスタートラインに来たばかりで、足りないところがあり過ぎる。
                        ゲームで例えるなら、色んな人の助けを受けて、ようやく村から出てきたってところかしら。

                        ここから何処へ向かうのか。
                        今やるべきことはなんだろうか。

                        考えても正解がわからないので、
                        今まで以上に貪欲に生きることを楽しみたいと思います。

                        さて、ようやく第一章の本編が始まった劉セイラの少年漫画ですが、
                        乞うご期待下さい!(^_−)−☆

                        これからもどうぞ宜しくお願いします!(*^_^*)
                        | 出演・掲載・イベント | 20:34 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP