劉セイラの少年漫画的日々

中国語と日本語の2カ国語声優、劉セイラのブログ。
エッセイ漫画4月13日から「ふんわりジャンプ」にて連載開始!
<< 「AnimeTamashii」劉セイラの長編インタビュー | main | KOF14、ただいま60%オフセールなう! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - | ↑TOP
    ハヤテのごとく!日本語サミット、古谷徹さんとの出会い
    0

      漫画連載開始前のブログ連続更新、最終日です。

      今日は私と日本の声優さんと初めてわリアルで対面した時の話をします。

      北京外国語大学で日本語を勉強している間、色んなコンテストに参加しました。
      スピーチ大会や日本語の歌コンテスト…

      中で1番忘れられないのが日本語のアフレココンテストです。

      2007年夏、JRP主催の日本語サミットが北京にて開催され、

      その前夜祭として、日本語アフレコ大会が開催されました。

       

      当時大学三年生だった私は、一個上の先輩とチームを組んで参加しました。
      私にとって、そのコンテストは負けてはならない戦いでした。


      なぜなら、審査員に、古谷徹さんがいらっしゃるからです。
      日本の声優さんの前で自分の演技を披露できる、夢のようなステージです。

      演目は二つ。
      好きなアニメからシーンを一つ選ぶ自由演目と、課題演目があります。
      課題アニメは古谷さんが出演されたガンダムか、パプリカの中から一つ選びます。
      私たちのチームはパプリカを選びました。

      そして自由演目に、「ハヤテのごとく!」第1話から
      ナギとハヤテが出会うシーンを選びました。

      そのシーンで私は一人でナギとハヤテを演じて、先輩はサンタさんとナギに絡む不良を演じました。
      今でもそのシーンのセリフを覚えています。

      「僕は君が欲しいんだ!」

      じゃなくて

      「最後に笑うやつは、下向きでまじめなやつだから」
      そう、このセリフです。(。

      結果そのコンテストに優勝しました。
      そして古谷さんに壇上に呼ばれ、古谷さんと二人でパプリカのワンシーンを演じました。

      ここらへんの記憶は緊張のあまりほぼ飛んでいます。
      唯一覚えているのは、古谷さんの声はマイクからではなく、リアルに振動として私の隣から伝わってきた、あの衝撃…

      3年後、私は劉「セイラ」として青二に入れるなんて、その時誰も予想していないのだろう。
      そしてさらに何年後、畑先生に漫画を教わるなんて…本当に人生何があるか分からないです…

      (余談ですが、そのコンテストの模様は、「オタクを訪ねて三千里in中国」という番組?になり、コミケ73のカタログCDに収録されていたりいなかったり…

      さて、そんな私が大好きな「ハヤテのごとく!」、本日発売の「週刊少年サンデー」にて、最終回を迎えます!
      買ったけどまだ読む覚悟ができていない…


      畑先生、13年間本当にお疲れ様でした!
      ハヤテとナギのこと、これからも大好きです!

      そして畑先生に教えて頂いた漫画の心得、これからも忘れずに、描いていきたいと思います。

      すべての出会いに感謝を…

      この何日間ブログを読んでくれた貴方にも

       

      ありがとう!

      | 絵・漫画のこと | 20:30 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 20:30 | - | - | - | - | ↑TOP
        管理者の承認待ちコメントです。
        | - | 2017/04/15 9:40 AM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://kkryu.jugem.jp/trackback/85
        トラックバック