劉セイラの少年漫画的日々

中国語と日本語の2カ国語声優、劉セイラのブログ。
エッセイ漫画4月13日から「ふんわりジャンプ」にて連載開始!
<< 黒歴史。もとい、青春の1ページ | main | 等価交換、私が差し出したものは。 >>
声優グランプリの「声優未来予想図」を振り返る
0

    4年前の記事になりますが、

    声優グランプリさんの

    「声優未来予想図」のインタビューを受けました。

    今は声グラWEBで公開されています。

    http://seigura.com/senior/future/20131120_174

    初めて色紙を描くのも、確かこのインタビューの時だったと思います。

    色紙って結構大きいな…と、驚いてしまった記憶があります。^^;

    こんなに大きいなら絵を描かなきゃと

    久しぶりにペンをとって描いたのがこちら

    http://seigura.com/senior/future/20131120_174#fromtop

    「うわぁこんな絵でよくも特技に絵描きとか書けるな」

    と、当時の自分の度胸に感心しつつ赤面するのですが、

    あの時描くことをやめないで、もっと描けばよかったのになと思っていたり。



    この予想図に書かれた私の夢。


    普通に日本語で演じるという夢は、

    この2,3年でちゃんと実現しました。


    レギュラーは「ドラゴンコレクション」
    「美少女戦士セーラームーンCrystal」など、

    少年役は「新甲虫王者ムシキング」「KOF14」など、

    主役級のキャラクターは昨年の
    「侍霊演武(ソウルバスター):将星乱」で叶えました。

    しかも中国語、日本語両方で。


    声優を目指す時に、

    「中国語と日本語両方で同じ主役を演じる」ことが

    声優として最終的な夢だと思っていましたが、

    今振り返ってみると、奇跡は起きるもので、

    いざ現実になれば、そこは終点どころか、ただのスタートでしかないことに気がつきました。



    当時描いた未来予想の中に、
    今でも変わらず叶えたいことと、もう変わっている夢があるが、
    それ以外に、本当はやりたいのに口にする勇気がなかったものがありました。


    それは、漫画を描くという夢です。

    その葛藤と、再び描くようになったきっかけの話はまた明日。

    よかったらまた読んで下さいね。^^



    ではでは。


    | 出演・掲載・イベント | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑TOP
    スポンサーサイト
    0
      | - | 14:05 | - | - | - | - | ↑TOP
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://kkryu.jugem.jp/trackback/75
      トラックバック